title

title

月の全球形状および極域地形図 1
Updated : 2009.02.13
Observation date :

本内容は2009年2月13日(米国時間)発行の米科学雑誌「サイエンス」に掲載された論文「Lunar Global Shape and Polar Topography Derived from Kaguya-LALT Laser Altimetry」に関するものです。「かぐや」搭載のレーザ高度計(LALT)のデータを用いて分解能0.5度以上の月全球地形図を国立天文台RISE月探査プロジェクトを中心とするLALT観測機器チームが作製しました。

水谷仁先生から、本論文への論評をいただきました。

LALTの計測点数は2008年3月末の段階で約677万点、高度の精度は約4m(1σ)、位置の精度は約80m(1σ)です。(従来の全球月地形モデルULCN 2005では27万点、高度決定精度は数百メートル)オリエンタールベイスンの多重リング構造など、2-300km以下のサイズの地形再現が劇的に向上しています。

このデータにより、月の最高地点はDirichlet-Jackson盆地の南端に(-158.64°E, 5.44°N, +10.75 km) 、最低地点はAntoniadiクレータの内部にあり(-172.58°E, 70.43°S, -9.06 km)、高度差は従来考えられていたよりも2km以上大きく、19.81kmであることがわかりました(ULCN 2005では17.53kmとされていました)。

PAGE TOP

  • このページをご覧になるには Adobe(R) Flash Player(R) が必要です。