title

title

月の全球形状および極域地形図 2
Updated : 2009.02.13
Observation date :

極域は計測点の分布が比較的稠密であるため直径2-3km程度の小クレータもはっきり捉えています。月探査機の画像や地上レーダ観測では日照条件や観測条件に制約があるため、従来の月極域(特に南極域)の地形図には欠測領域が多くありました。

今回のLALTの観測により世界で初めて欠測領域のない月極域地形図の作製に成功しました。例えばシャックルトンクレータやデ=ヘルラテクレータの(地球から見て)裏側にある凹み、またデ=ヘルラテクレータ内部の直径約15kmのクレータなどはLALTの観測で初めて明確になった地形です。(当該の地域の高分解能レーダによる画像はこちら)この地形図は、将来の月探査における着陸や基地の候補地探索に重要な役割を果たすものと期待されます。また極域の日照日陰条件についてはすでにLALTグループから論文発表されました。(Noda et al., GRL, 35, L24203, 2008)

LALTの観測により、月の基本形状が決定され、特にレーザ高度計測による月極半径の直接計測は世界初のことです。(月の基本形状はこちら)また、LALTにより推定された月地殻の特徴は、地球、火星、金星とは異なるものでした。

PAGE TOP

  • このページをご覧になるには Adobe(R) Flash Player(R) が必要です。