title

title

月の裏側の重力場 1
Updated : 2009.02.13
Observation date :

本内容は2009年2月13日 (米国時間) 発行の米科学雑誌「サイエンス」に掲載された論文「Farside Gravity Field of the Moon from Four-way Doppler Measurements of SELENE (Kaguya)」に関するものです。

水谷仁先生から、本論文への論評をいただきました。

リレー衛星 (おきな)を用いた世界で始めての月の裏側の重力場の直接観測により、三つの新しい知見が得られました。(第二、第三の知見については次頁以降)

第一の知見・・・月全体の重力分布を観測しました。 (上図) 特に月の裏側の重力異常*1が「かぐや」の観測によって初めて明らかになりました。 (上図右) 以前から月の表側にはマスコン*2と呼ばれる強い正の重力異常が見つかっていました。 (上図左の赤丸) 一方、月の裏側は観測データが乏しく、東西南北に伸びた細長い筋状の重力異常があるだろうと推測されていました。 (これまでに発表されていた重力異常図 (LP100K*4) はこちら) しかし、このような重力モデルは月表面のクレーター地形にそぐわないので、月科学の大きな問題でした。「かぐや」の観測では、裏側の重力異常はクレーターや盆地にふさわしい丸い形をしていることがはっきりと示されました。

※1 重力異常: 月の重力は一様ではなく、地形や地下に存在する物質の密度に応じて、地域毎にごくわずかな重力の強弱があります。それぞれの地域での重力値から月全体の平均を引いた差を重力異常と呼びます。
※2 マスコン: 衝突に伴うクレータ形成過程で、過剰なマントル上昇や玄武岩の海の集積が起きることによって質量の過剰集中が保持され、正の重力異常=マスコンが生成されます。
※3 SGM90d: かぐやの観測データから作成された重力場モデル。
※4 LP100K: NASAのコノプリフ博士らによって2001年に発表された月の重力場の地図。Lunar OrbiterやApolloから最新のLunar Prospectorに至る米国の探査機が取得したデータを総合的に解析した結果。

PAGE TOP

  • このページをご覧になるには Adobe(R) Flash Player(R) が必要です。