title

title

月裏側クレータ中央丘の岩相に関する発見 1
Updated : 2009.07.08
Observation date :
moon_navi

スペクトルプロファイラ(SP)は月全球の可視近赤外連続反射スペクトルを取得する世界初の機器です。この観測データによって次のことがわかりました。

(1)斜長石の分光特徴の検出

月の裏側にあるJackson(ジャクソン)クレータ(図左)の中央丘において、今までに観測された中でもっとも明瞭な斜長石の分光特徴(1.29μm(マイクロメートル)付近の吸収)を示す地域を発見しました。斜長石は月面に広く分布する鉱物の一つで、月の地殻の成因を解き明かす上で、非常に重要と言われています。

図右は、SPによるジャクソンクレータの中央丘の反射スペクトル(赤線)、SPによるダイダロスクレータの中央丘の反射スペクトル(青線)、及び斜長石に富む月サンプルの実験室における測定結果(黒線)です。

斜長石に富む月サンプルの反射スペクトルには1.2