title

title

アポロ15号着陸地点(4/4)
Updated : 2008.05.20
Observation date : 2008.02.24
moon_navi

地形カメラのデータからは、視点を自由に変えられる3次元画像を作成することができます。ここでは、アポロ15号飛行士が撮影した写真(右)と同じ風景を地形カメラの立体視画像から作成しました(左)。地形カメラの立体視画像では、宇宙飛行士の撮った写真に写っている小さな岩塊や月面車などの地形カメラの解像度である10mより小さいものは再現されていませんが、遠方の山々の形や丘のようななだらかな地形はほぼ忠実に表現されており、地形カメラの観測精度が高いことがよくわかります。

当該のデータ処理は、LISM/TC 機器チームが実施しました。
画像の選定およびコンテンツの作成は、LISM/TC監修グループが実施しました。

PAGE TOP

  • このページをご覧になるには Adobe(R) Flash Player(R) が必要です。