title

title

地形カメラによるLCROSS衝突(予定)地点の画像
Updated : 2009.10.09
Observation date :
moon_navi

NASAが2009年6月18日に周回探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」(LRO)とともに打ち上げたエルクロス(LCROSS)は、米国東部標準時10月9日午前7時31分45秒(日本時間同日午後8時31分45秒)に月の南極の近くのクレータであるCabeus(カベウス)に衝突します。LCROSSは、最初は、ロケット部分が衝突し、その後、衛星本体がロケットの衝突を観測した後、衝突します。これらの衝突の衝撃をLRO、地上望遠鏡が観測します。この結果、舞い上がる大量のダストの中から、水蒸気の検出を目指しています。


上図は、地形カメラで撮影したCabeus付近(南緯84.9°、西経35.5°)の画像です。JAXAは、NASAとの間のSELENE-LROに関する協力協定に基づき、地形カメラによるデータや、同じかぐやのレーザ高度計から得られた情報などをLCROSS観測機器チームに提供しています。このように「かぐや」は他の探査にも貢献しています。


当該のデータ処理は、LISM/TC 機器チームが実施しました。

PAGE TOP

  • このページをご覧になるには Adobe(R) Flash Player(R) が必要です。