title

title

アサダクレータ
Updated : 2009.10.30
Observation date :
moon_navi

上の画像は、「かぐや」の地形カメラがとらえた「麻田(アサダ)クレータ」(7.4N 49.9E、直径 約12km)です。このクレータは江戸時代の天文学者 麻田 剛立にちなんで命名されています。

麻田 剛立(あさだ ごうりゅう)(1734-1799)
麻田剛立は江戸時代中期に活躍した豊後杵築藩(現在の大分県杵築(きつき)市)生まれの蘭方医・天文学者です。麻田は藩医として勤める傍ら独学で暦学・天文学を学びました。1763年には暦に記されていない宝暦13年9月1日の日食を予言し的中させ世に知られます。1770年頃に大阪に移った後も、医で生計を立てながら天文学の研究を続け、望遠鏡などの観測器を考案しケプラーの第三法則を独創したといわれています。また望遠鏡を用いた月の観測も行い、現存する日本最古の月面観測図を残しています。弟子には高橋至時(たかはしよしとき)や間重富(はざましげとみ)など、後に天文学や地図測量で大きな功績を残す人材を輩出しています。

これらの麻田の功績は、三浦梅園(みうらばいえん)や中井履軒(なかいりけん)などの著作により後世に伝えられました。また国際天文年である今年(2009年)の中学生読書感想文課題図書には麻田の生涯を描いた「月のえくぼを見た男」が選ばれています。

当該のデータ処理は、LISM/TC 機器チームが実施しました。

PAGE TOP

  • このページをご覧になるには Adobe(R) Flash Player(R) が必要です。